>

グローバルな検定

TOEIC

国際的に評価される外国語検定の代表的な例としてTOEICがあります。
これは、英語の外国語検定ですがいろいろな国の人が受験しています。
主に留学を考えている人などは、グローバルなテストを受けると良いでしょう。
国際的な外国語検定の良さは、世界中の人が受験しているので世界での外国語の実力がわかるという点です。
外国語は海外で使ってなんぼですから、国際的な外国語検定は自信にもなるでしょう。
日本国内でなく、留学などの選考の場合などは、国際的な外国語検定の方を重要視することが多いです。
また、国際的な外国語検定は合否ではなくスコアを出すところが多いです。
検定は落ちると損した気分になりますが、スコアならそんな気分にもならないのも嬉しいポイントです。

スピーキング

国際的な外国語検定では、ライティングやリスニングよりもスピーキングの試験を行っているところが多いです。
実践的な試験をすることで、実践的な実力が分かります。
留学などで海外に行くことを考えている人は、こちらの検定で自信を付けるといいでしょう。
外国語は言語ですから、堅苦しく勉強したからと言って身に付くとは限りません。
楽しく学びたい人や人との交流の中で外国語を習得していきたい人もいるかと思います。
そういった方は、外国語の会話力はすごくあると思うのでその力が評価されやすい外国語検定を選んでみてください。
国内で評価される外国語検定と国際的な外国語検定とは、結構大きな違いがあります。
あなたに合った検定を受験してください。


この記事をシェアする