>

注意すべき点

急な変更

グローバル化が急激に進んでいる今日では、外国語検定のあり方も変わりつつあります。
その影響もあってか、外国語検定では、ちょくちょく変更が多くなされています。
例えば、試験方式がライティングとリスニングだけだったのに、スピーキングが追加されたり、回答方式が選択から記述になっていたりなどです。
求められる外国語の方式の変化から最近よく変わっています。
試験本番で過去のものとは全くの別物になっていたりした例もあります。
本番で緊張していても、問題や説明は冷静にちゃんと確認するようにしましょう。
急な変更でも、レベルが急激に変わったりはしないので、落ち着いて冷静に取り組んでください。
変更があるかもしれないということを知っておいてください。

用途

せっかく外国語検定を受けるなら、取った検定を活用できたほうがいいですよね?
ただの実力だめしのために外国語検定を受験するのもいいですが、留学や進学で活用できると、自信につながるだけでなく、外国語への意識や考えが広がります。
どんなことに外国語検定の結果を使いたいのかを明確にしてから、どの外国語検定を受験するかを決めると道筋がはっきりします。
外国語検定の金額も決して安いものではありませんので、外国語検定の使い道が決まっているといいでしょう。
モチベーションにも繋がります。
外国語検定を取ったあとのことも考えて、外国語検定を選んだり外国語の勉強をすることでただ受験するよりも有意義な時間が過ごせると思います。


この記事をシェアする